東京都 千代田区 大手町 歯科 歯医者 歯科医院 【丸の内永楽ビル歯科クリニック】-歯周病,歯槽膿漏,歯肉炎,歯周病治療,歯周病原因,歯周病予防 等-

東京駅から徒歩3分、大手町駅 地下直結

tel 03-6273-4020

歯周病

はじめに・歯周病とは

歯周病治療イメージ朝・昼・晩(お昼は時間が無くされない方もいらっしゃいますが)歯ブラシをされているのに、なぜ虫歯や歯周病にかかってしまうでしょうか?

人は皆、癖があるので意識をせず歯ブラシの毛先が正しく当たっている場所は磨けていますが、正しく当たっていないところはプラークが溜まり、虫歯や歯周炎になってしまうのです。


歯周病とは

歯周病とはそもそも歯周病とは歯槽膿漏とも呼ばれており、歯肉に炎症が引き起こされ、放置しておくと膿が出たり、口臭がひどくなり、歯を支える歯槽骨を破壊し、最後には歯が抜け落ちてしまう病気です。歯周病の怖いところは、虫歯と違って初期段階では痛みを感じる事が少ない(自覚症状がない)と言う事です。

それでは、誰でも加齢とともに「歯槽膿漏」になり、歯が抜けて入れ歯になるのでしょうか?
いえいえ、歯周病の原因には、大きく分けて2つあります。

  • 歯周病菌による感染症
  • 噛み合わせのバランスが崩れて、無理な力の負担が根を支えている骨に集中する事によるもの。

ほとんどの場合は、両方の問題による事が多く、習慣やストレス、唾液分泌量の低下(ドライマウス)も加味されます。

バイオフィルム

口腔内には約400種類の微生物が存在します。微生物が凝集し、歯面に付着した状態がバイオフィルムです。例えて言うなら、バスタブの内側に一層付着する水垢のような存在です。

歯周病菌も虫歯菌もカビの菌(カンジタ菌等)といっしょに、お口の中で感染や炎症を引き起こす事が近年わかってきました。どなたのお口の中にも300~400種類のもの細菌が存在します。細菌と食べカス、唾液の酵素が反応して48~72時間位でプラーク(歯垢)という歯の表面に付着するネバネバした白いものになります。これが炎症を引き起こすのです。

歯周病を悪化させる要因が、歯周ポケットの中に隠れて見えない歯石と喫煙です。歯石とは、プラークが固まったもので、骨の吸収に悪影響を及ぼします。

目で見えるところに付く歯石よりも、歯と歯ぐきの隙間に隠れて見えない歯周ポケットの中の歯石(歯肉縁下歯石=しにくえんかしせき)が歯周病を悪くします。歯石は、歯ブラシでは除去できないので歯科衛生士の協力が必要になります。

最新の歯周病治療では、お薬によって悪い細菌をたたく事も可能となりました。

▲トップに戻る

歯周病と全身疾患との関係

歯周病はさまざまな全身疾患のリスクになります。

歯や歯ぐきの健康は口の中だけでなく全身と関係しています。口の中には何百種類という細菌が生息していますが、口から体の中に入り込むとさまざまな病気(心臓病、肺炎、糖尿病、早産等)を引き起こすことが知られ、医科でも問題になってきています。

歯周病は歯周病菌の塊(かたまり)である歯垢(プラーク)や歯石による歯ぐきの炎症ですが、たかが口の病気とあなどってはいけません。歯周病の人が心臓病になる確立は2~3倍にあがります。

歯周病から引き起こされる病気

【肺炎】
歯周病菌が肺に感染し肺炎になることがあります。
【心臓病】
重症になると歯周病菌による炎症から血栓(血の固まり)ができやすくなるため、動脈硬化を招き心筋梗塞(しんきんこうそく)や狭心症(きょうしんしょう)などを引き起こすことがあります。また心臓の内側にある心内膜(しんないまく)の炎症を引き起こし、細菌性心内膜炎(さいきんせいしんないまくえん)になる場合もあります。
【糖尿病】
歯周病が糖尿病を引き起こすだけでなく、糖尿病の患者様が歯周病にかかっていると血糖コントロールが難しくなり、さらに悪化してしまう可能性があります。
【早産】
歯周病菌による口内の炎症が胎児の成長に影響し早産を引き起こすことがあります。歯周病の妊婦は、歯周病でない妊婦と比べて、早産や未熟児を出産する確率が7倍にもなるといわれています。

▲トップに戻る

歯周病の進行

歯周病の進行具合とその症状

歯周病菌・カビ菌

カビが歯ぐきについて根を下ろし炎症を起します。カビが歯ぐきについて根を下ろし炎症を起します。
症状:口臭、ネバネバ感


カビがさらに奥で炎症を起こします。炎症によって歯ぐきが腫れ、歯と歯ぐきの間の溝が汚れやすくなり、カビがさらに奥で炎症を起こします。
症状:歯ぐきの赤み、時々出血する


歯と歯ぐきの間にポケットができます。歯周ポケットといいます。歯と歯ぐきの間にポケットができます。歯周ポケットといいます。ここに歯周病菌がたまり、炎症がひどくなり、骨が溶けていきます。
症状:歯ぐきの炎症、時々腫れる、赤みの悪化


歯周ポケットはさらに深くなり、よりたくさんの菌がたまっていきます。歯周ポケットはさらに深くなり、よりたくさんの菌がたまっていきます。
症状:歯ぐきを押すと膿が出る


骨はさらに解け歯周ポケットはさらに深くなり、さらに多くの菌がたまっていきます。骨はさらに解け歯周ポケットはさらに深くなり、さらに多くの菌がたまっていきます。
症状:口臭がさらに悪化、出血がひどい、歯が揺れる、噛むといたい膿が出る、歯ぐきがよく腫れる


最後には歯の周りに骨がなくなってしまい、グラグラになり、抜かないといけなくなります。最後には歯の周りに骨がなくなってしまい、グラグラになり、抜かないといけなくなります。
症状:歯が痛くて噛めない、歯ぐきが揺れて噛めない、歯ぐきがいつも腫れている


▲トップに戻る

歯周病進行度チェック

出血は歯周病の特徴。
歯周ポケットの深さで進行の度合いがわかります。

歯周病がどれだけ進行しているかは、歯ぐきの状態を見ればわかります。歯ぐきからの出血は歯を支える歯ぐきに炎症がある証拠で、歯周病の特徴的な症状といえます。

炎症が進み歯周ポケット(歯と歯ぐきの隙間)ができるほどになると歯を支えているアゴの骨の一部である歯槽骨(しそうこつ)の破壊がはじまります。歯周ポケットの深さが4mm以上になると病状はかなり進行しているといえます。ポケットの中は歯周病菌が繁殖しやすい環境なのでどんどん増殖し、歯周ポケットの深さが6mm以上になると歯槽骨の破壊がさらに進み、ついには歯が抜けてしまいます。

歯周病の進行度を自己チェック

  1. 問1 : 口の中がネバネバする。
  2. 問2 : 口臭がする。
  3. 問3 : 歯と歯の間に食べ物がはさまる。
  4. 問4 : 歯が長くなったように見える。
  5. 問5 : 歯茎を押すと血や膿が出る。
  6. 問6 : かたいものが噛めない。
  7. 問7 : 歯を磨いたら血が出る。
  8. 問8 : 歯がしみる。
  9. 問9 : 歯がぐらぐらする。
  10. 問10 : 白い汚れ(歯垢=プラーク)や歯石が付いている。
  11. 問11 : 歯茎が腫れている。

上記の問いに対して、1、2項目でも当てはまるのなら、歯肉炎か軽度の歯周病かもしれません。また、3~5項目が当てはまれば中程度の歯周病、それ以上ある場合は重度の歯周病と考えられます。

▲トップに戻る

歯周病の治療

歯周治療を希望して来院される患者様の多くの場合は、歯周病の何らかの症状がすでに現れており、かなり病状が進行しているケースが多く、治療に要する期間も長くなります。治療は早く終わるにこした事はありませんが、じっくりと腰を据えて治療を受ける心構えを持つ事が最も重要です。

また、歯周病は本人に自覚がないままに進行するという病気でもある為に、私たち歯科医院では歯周病が進行していると思われる患者様には十分に歯周病に関する説明を行ない、治療の必要性をお話しております。

歯周病の治療ステップ

歯周病の治療には、患者様それぞれにあった計画的な治療が必要となりますが、一般的に歯周治療は以下のようなステップで行なわれます。

  1. 1.プラークコントロール
  2. 2.バイオフィルムの除去
  3. 3.プラークコントロールの確認
  4. 4.リスクファクターの改善
  5. 5.再検査
  6. 6.より良いお口の環境を得るための治療

歯周組織および咬合の崩壊

それでは歯周組織と咬合の両方にダメージを受けた場合、どうしたらいいのでしょうか?

患者様お一人お一人で、治療方針、治療方法が異なれば、目指すゴールも違います。
例えば、抜歯した場合、Br(ブリッジ)・義歯(入れ歯)・インプラント(人工歯根)等、様々な治療方法があります。しかし、すべての患者様に共通することは、歯周組織を健康な状態に戻し、上下・左右・前後バランスの整った噛み合わせにする。

この様な治療方法を、オーラルリハビリテーション(全顎治療)と言います。

▲トップに戻る

噛みしめ&歯ぎしり

「噛みしめ」「歯ぎしり」について

「噛みしめ」や「歯ぎしり」と聞くとすぐストレスを連想する人が多いようですが、「噛みしめ」や「歯ぎしり」は多かれ少なかれ誰でもしている一種のくせと考えて良いと思います。ですから、特に問題を起こさない限り、放置しても構わないのですが、時には次のような問題を起こします。

  1. 1.歯への障害/歯の磨耗・歯の破折・歯がしみる・噛むと痛い等
  2. 2.歯周組織への障害/歯ぐきがさがる・歯周病(=歯槽膿漏)
  3. 3.顎関節への障害/顎関節痛・開口障害・カックン音
  4. 4.全身への障害/顔面痛・頭痛・肩凝り・腰痛
  5. 5.その他/舌痛症・むちうち症状・倦怠感

これらの症状のすべてが、「噛みしめ」や「歯ぎしり」からくるわけではありませんが、これらの症状の大きな誘因になっているので無用な悪いくせはなくしておく方が良いと思います。

このくせは眠っている時とか、何かに夢中になっている時とかに起こるので気づきにくいし、治りにくいものです。

治すためにマウスピースを入れる方法もありますが、道具に頼るといつまでもそれを入れていなければならないし、やめればまた戻ってしまいます。
あなた自身が「噛みしめ」や「歯ぎしり」に気づいて、あなた自身が治すしかないのです。あなたが本気になって治す気になれば意外と簡単に治っていくものです。
では、その方法をお教えします。

STEP 1  「噛みしめ」ていない=リラックスしている状態を覚えましょう。

  1. (1)まず、思い切り噛みしめてみてください。1~2秒後に、フッと顎の力を一度に全部抜いてみて下さい。上下の歯が僅かに離れるでしょう。その位置が理想的なリラックスした位置です。もう一度やってみましょう。
  2. (2)次に、思い切り大きな口を開いてから、今度はガクンと脱力してみてください。

たぶん、(1)の時とほぼ同じ位置に顎が閉じるでしょう。(顎の関節が痛くて開けられない人は無理せず開けられる所まででいいです。)

この時、呼吸をいっしょに合わせると良いと思います。つまり、力を入れるときに息を吸って、いったん1~2秒止めてから、脱力する時に一気に吐くのです。
もう一度やってみましょう。

昼間も、寝ているときもいつもこの状態になっていればいいのです。一流のベテランのスポーツ選手はよくこの状態を心がけています。スケートのオリンピック金メダリストの清水宏保選手もロケットダッシュの秘訣は「スタート前の顎の脱力だ」と言っていました。

STEP 2  「噛みしめ」ている=リラックスしている状態を覚えましょう。

仕事等に夢中になっている時、ふと気がつくとしっかり噛みしめていたり、舌を吸いつけていたりしていることが誰にでもあります。あなたは気づいたことがありますか?

YES
そんな時、肩を上下させ、首から上の力を思い切り抜いて、ステップ1でやったように脱力して上下の歯を離してから、また仕事に向かって下さい。

NO
気づいたことがない人もきっとしているときがあると思いますので気をつけて見てください。

噛みしめている状態は意外と気づきにくいものです。気づく方法として、普段よく使う道具にマジックインクとかシールとかで目印をつけて、それを見たら思い出すようにするとよいです。主婦でしたら包丁の柄とか、事務の多い人はペンやキーボードなどに。また、運転する機会の多い人はハンドルなどに目印をつけておきましょう。

STEP 3 問題は夜眠っている時のことです。

眠っている時のことなど、コントロールできないと思っている人が多いと思います。しかし、「明日の朝4時に起きなければいけない」と思って寝ると、不思議とその時刻に目が覚めるという経験をしたことはありませんか。眠っている間も、体内時計と「起きなければいけない」という意識が共同作業をして、正確にその時間に目が覚めるということが私たちにはできるのです。
そんなむずかしいことができるのですから、上下の歯を合わせないようにリラックスして眠るなどという作業は、「その気」になりさえすれば意外と簡単にできるものなのです。成功の秘訣はあなたがどれだけ「その気」になるかにかかっているのです。

1.前準備

  1. (1)枕を低めにしましょう
    後頭部の一番出っ張ったところより首の付け根近くに枕がくるようにします。
    そうすると頭が少し上を向くので、口が開きやすくなるからです。おもに仰向けに寝る人は、バスタオルをロール状に巻いて長い枕をつくるのも良いでしょう。横向きに寝る人は、背筋がまっすぐになる高さにしてください。
  2. (2)布団に入ったら何も考えないようにしてください
    布団の中は眠るだけの所と決めてください。もし、どうしても考える事があればもう一度、布団から出て考えてください。あるいは、朝目覚めてから布団のなかで考える習慣をつけるとよい考えがでてきます。

2.本番

  1. (1)布団に入ったら、仰向けになって少し手も足も開き気味にします。
  2. (2)その後、ステップ1でやったように、顎を脱力し歯を離した状態にします。
  3. (3)次に、体全体もリラックスさせます。
    まず、肩に思い切り力を入れて、1~2秒してから突然脱力してください。この時も呼吸を合わせてください。
    同じように、胸、腹、太ももの脱力をして、最後に足の先からその日の全ての疲れとストレスを追い出してやるような気持ちで大きく息を吐き出しながら足の脱力をします。何回もやっていると、手のひらや足の裏あたりが少し温かくなった感じがしてきます。また、掛け布団が今までより重く感じたらうまく脱力できた証拠です。(足先を上に向けるのに苦労なほど掛け布団が重く感じたら、もう少し軽いものに替えましょう。)
  4. (4)最後にもう一度、顎の力が抜けていることと、上下の歯が離れていることを確かめて眠りに入ります。このまま一晩中眠ってくれるといちばん良いのです。

3.自己暗示
呼吸に意識を傾け、吐く時に脱力するのを繰り返しながら、手足やお腹が温かくなってくるのを感じてください。

また、吐く時に、自分がリラックスできる言葉を唱えてみましょう。たとえば「リラックス、リラックス」「いい気分、いい気分」「楽だ、楽だ」等何でもよいです。また「噛んではいけないぞ」「歯を合わせない」「開いて寝る」等を言い聞かせます。

そして次の朝、今ある全ての症状が無くなって、すっきり爽やかに目覚めるあなたの姿をイメージしながら眠りに入ってください。
自己暗示ができれば、症状のほとんどは劇的に改善します。

4.次のようなことがありませんでしたか

Q口を開いて寝たら喉が乾くのですが?
A次の朝、口の中が乾いているようだったら喜んで下さい。自己暗示が、幾らかでもできていた証拠です。口が乾いたからといってすぐに何か障害があるわけではありません。自己暗示ができるようになったら、今度は、上下の歯は噛み合わせずに唇だけ閉じるようにしてください。
Q食いしばっているのに気付いて目が覚めたり、気になってときどき夜中に目が覚めて寝不足になってしまいました。
A夜中に目が覚めるようであればやはり、喜んで下さい。自己暗示ができてきた証拠です。「噛みしめ」や「歯ぎしり」はごく浅い睡眠の時にすると言われていますので、さほど睡眠不足にはなっていません。
Q自己暗示がうまくいっているかどうかわかりません。
A自己暗示が成功している度合いによって、はじめは、噛みしめた後に目が覚めるようです。やがて、噛みしめている時に目が覚め、もっとうまくできるようになると、噛みしめようとする前に目が覚めます。ほとんどできるようになると、朝目が覚めた時に、夜中じゅうしていなかったことに確信がもてるようになります。
Q「噛みしめ」や「歯ぎしり」、をするのではないかと気になって、かえってストレスになってよく眠れませんが…
A負担になるほど深刻にならないで下さい。「噛んではいけないんだぞ」などとあまり強く言い聞かせないで、穏やかな顔をしている自分をイメージするようにして、リラックスして眠ることに重点を置いてください
Qぐっすり眠ってしまい、自己暗示がうまくできませんが?
A「絶対この癖を止めるんだ」という気持ちをもっと強く持って下さい。また、眠り込む時に「絶対上下の歯を合わしてはいけないんだぞ」と強く言い聞かせてみてください。それでもうまくできなければ、一時的に寝るときだけ使うマウスピースをつくってさしあげます。

STEP 4 マウスピースについて

「噛みしめ」や「歯ぎしり」の自覚がなかったり、自己暗示がうまくできない場合はマウスピース(オクルーザルスプリント)をお作りします。マウスピースには3種類あります。いずれも全部の上の歯を覆うような形をしています。

1.診断用
「噛みしめ」や「歯ぎしり」をしているか診断するときに使ってもらいます。下の全部の歯と咬むようになっています。
マウスピースには黒いマジックインクが塗ってあります。インクやマウスピースの削れ具合を見て診断します。最低2週間使ってもらいます。

2.治療用
「噛みしめ」や、「歯ぎしり」をしないようにするために使ってもらいます。下の前歯でしか咬まないようになっています。また、歯ぎしりできにくいように前に壁がついています。この壁は喉の乾きの防止にもなります。これを使うと症状は劇的によくなります。

これを入れていると、夢が多くなったり睡眠が浅いように感じますが、次第に慣れてきます。また、顎の関節が疲れたり下の前歯が浮いたりする時は噛みしめている証拠です。自己暗示を強化してください。
このマウスピースは治療期間の数ケ月のみしか使ってはいけません。長期間使っていると咬んでいない奥歯が伸びて噛み合わせが狂ってしまうことがあります。

3.メンテナンス用
長期間使う必要があるときは、治療用のマウスピースを全部の歯が咬むように改良してメンテナンス用として使ってもらいます。

STEP 5 頑固な肩こり、頭痛について

「噛みしめ」や「歯ぎしり」が無くなると、肩こりや頭痛はほとんどよくなるのですが、それでも残る頑固な肩こりや頭痛対策をいくつか紹介します。

1.姿勢
長時間腰掛けて机に向かって作業をしていると、猫背になり顎を前に突き出す姿勢になりがちです。この姿勢は肩こりの原因になります。特にコンピューターを操作している人はキーボードを、脇を締めて腕を垂直にして打てるような高さに調節し、その姿勢でモニターが楽に見えるように目の高さより低いところに置くようにすると良いです。

2.ストレッチング
筋肉は同じ姿勢を続けていると疲労度が何倍にも増します。筋肉には多量の乳酸が溜まり肩こりとなります。それをほぐすためにはストレッチングが最適です。
ストレッチングは決して痛くなるまで伸ばさないことが大切です。指圧や肩たたきも痛いほどやってはいけません。

3.ハイキング
肩こり、腰痛等はもともとは運動不足と無理な筋肉の持続的使用によるものです。ヒトは二足歩行という無理な姿勢を課せられてしまったのですから、いつも二足歩行のための筋肉を鍛えていなければなりません。そのためには石コロや木の根等の道をバランスをとりながら持続的に歩く、ハイキングによる有酸素運動が最高です。
次に平地を歩くことです。なお、走ったりダッシュを伴う運動は筋力がある人がやるのはいいですが、これから運動する人にはあまりお勧めできません。

▲トップに戻る

お問い合せは、03-6273-4020まで

ご予約お問合せ

受付時間

月~金曜日
10:00~13:00 14:00~19:30
土曜日
10:00~13:00 14:00~18:00

休診日

日曜日・祝祭日

医院案内・アクセスはこちら お電話でのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

歯周病:丸の内永楽ビル歯科クリニック(千代田区丸の内、大手町)