丸の内永楽ビル歯科クリニック(歯科医院・歯医者)の虫歯治療

:できるけ歯を削らずに歯を残す治療

歯科・丸の内永楽ビル歯科クリニック


一般歯科(虫歯治療等)

一般歯科とは

虫歯や歯の根、歯周病等の治療、さし歯、入れ歯、予防など、乳幼児からお年寄りまでの歯とお口に関する病気の治療を行います。患者様が歯科医院に通院した際に受ける歯科治療の大半が、一般歯科の範囲となります。

丸の内永楽ビル歯科クリニックは、虫歯や歯周病の治療は勿論、インプラントから審美歯科・美容歯科、ホワイトニング、矯正歯科、小児歯科、義歯治療等までトータルに対応する総合歯科診療・総合治療を行う歯科医院です。健康保険各種対応、どうぞお気軽にご来院下さい。

虫歯の状態

虫歯の初期段階で、歯の表面(エナメル質)だけが虫歯にかかっている状態です。
虫歯C1

C1
虫歯の初期段階で、歯の表面(エナメル質)だけが虫歯にかかっている状態です。C1の段階は、白いエナメル質の部分が乳白色やわずかに茶褐色になります。痛みなどの自覚症状は、ほとんどありません。自分で発見する事は難しいかもしれません。

C2の段階は、色が茶褐色から黒色になってきます。
虫歯C1

C2
この段階では、象牙質にまで虫歯が進行していますが、まだ神経(歯髄)にまではとどいていません。 C2の段階は、色が茶褐色から黒色になってきます。 冷たい物がしみるようになり、更に症状が進むと熱い物がしみるようになります。また、固い物を噛むと痛い、疲れると痛くなるなどの自覚症状がでてきます。

神経が生きている場合
虫歯C1

C3 神経が生きている場合
虫歯がさらに進行し、神経(歯髄)にまで達しています。神経に炎症をおこしています。(歯髄炎:Pul)  歯髄の腫れが神経を直接圧迫するので、急にひどく痛んだり、熱い物、冷たい物に敏感になります。神経(歯髄)をとりのぞき、根の治療を(根管治療)をしますので、5~6回程度の通院が必要です。

神経が死んでいる場合
虫歯C1

C3~C4 神経が死んでいる場合
歯の根の先にまで虫歯が進行しています。(歯根膜炎:Per)  急に歯肉や顎が腫れたり発熱する事があります。神経が死んでいるので、冷たい物がしみる事はありません。しかし、熱い物を口に入れたり、体が温まる(夜間、入浴時等)と、強く痛む事があります。根の治療(根管治療)をして、消毒を繰り返し行いますので、7~8回程度の通院が必要です。

歯の根は前歯で1本、奥歯では2~3本とたいへん複雑に枝分かれていますので、治療するのに多くの時間を要します。炎症をおこした部分を完全に取り除かないと、再発する恐れがありますので、根気強く最後まで治療する必要があります。

当院の虫歯治療

拡大鏡を使用した虫歯治療

拡大鏡を使用した虫歯治療

虫歯で歯に穴があいてしまった場合、自然治癒は期待できません。原則として、虫歯になった部分を削って補修しなければなりません。

当院では、ルーペ(拡大鏡)を使用し、虫歯等の削る範囲を最小限に抑え、歯根の治療もきちんと行い、できるだけ歯を抜かずに残す方針にて治療を行っております。

ルーペ(拡大鏡)は、診療のすべてを精密に行なう為に使用するものです。拡大鏡の使用により、診断の正確さが高まり、より安全な治療方法やアプローチが可能になります。術野を拡大観察すること、それはこれまで見落としていた所見を発見する可能性を引き出し、 使用者に大きなメリットをもたらしてくれます。

とても小さい虫歯(虫歯のでき始め)であるならば、簡単な虫歯処置で済む場合もあります。大切な歯を痛める前に、早期発見・早期治療が大事である事は言うまでもありません。


丸の内永楽ビル歯科クリニック

千代田区丸の内、大手町の歯科医院・歯医者、大手町駅 地下直結・東京駅 丸の内北口 徒歩3分

虫歯について、さらに詳しくは以下のサイトをご参照下さい。

▶ 動画で見る虫歯治療
「むし歯リスクを判定! 唾液検査をしてみよう」「同じ歯がむし歯になる! その原因は?」「痛くない歯まで削られる?」「むし歯を防ぐ! 唾液の防御」「食べてむし歯予防! キシリトールの効果」「むし歯になりやすい食習慣」等。

一般歯科・虫歯治療:
丸の内永楽ビル歯科クリニック
千代田区丸の内、大手町の歯科医院・歯医者、大手町駅 地下直結・東京駅 丸の内北口 徒歩3分