丸の内永楽ビル歯科クリニック(歯科医院・歯医者)の歯周病,歯周病治療

:東京都 千代田区 大手町 歯科 歯医者 歯科医院 【丸の内永楽ビル歯科クリニック】

歯科・丸の内永楽ビル歯科クリニック


歯周病(治療と予防)

はじめに

歯周病治療イメージ

審美歯科・美容歯科治療イメージ

人は皆、癖があります。意識をせず歯磨きをしていると、歯ブラシの毛先が正しく当たっている場所はキレイに磨けていますが、正しく当たっていないところはプラークが溜まり、虫歯や歯周炎になってしまうのです。

歯周病は気付かない間に進行する恐い病気です。

歯周病とは、歯肉に炎症が引き起こされ、放置しておくと膿が出たり、口臭がひどくなり、最後には歯が抜け落ちてしまう病気です。歯周病の怖いところは、虫歯と違って初期段階では痛みを感じる事が少ない(自覚症状がない)と言う事です。

歯周病は治療・予防ができる病気です。

歯周病はしっかりと治療を行い、定期的にメインテナンスを行なえば、その進行は食い止める事ができます。適切なブラッシング技術を身につけ、プラークを除去できれば、歯周病は確実に改善していきます。

歯周病の原因

歯周病とは

それでは、誰でも加齢とともに「歯槽膿漏」になり、歯が抜けて入れ歯になるのでしょうか?
いえいえ、歯周病の原因には、大きく分けて2つあります。

  • 歯周病菌による感染症
  • 噛み合わせのバランスが崩れて、無理な力の負担が根を支えている骨に集中する事によるもの。

ほとんどの場合は、両方の問題による事が多く、習慣やストレス、唾液分泌量の低下(ドライマウス)も加味されます。

バイオフィルム

口腔内には約400種類の微生物が存在します。微生物が凝集し、歯面に付着した状態がバイオフィルムです。例えて言うなら、バスタブの内側に一層付着する水垢のような存在です。

歯周病菌も虫歯菌もカビの菌(カンジタ菌等)といっしょに、お口の中で感染や炎症を引き起こす事が近年わかってきました。どなたのお口の中にも300~400種類のもの細菌が存在します。細菌と食べカス、唾液の酵素が反応して48~72時間位でプラーク(歯垢)という歯の表面に付着するネバネバした白いものになります。これが炎症を引き起こすのです。

歯周病を悪化させる要因が、歯周ポケットの中に隠れて見えない歯石と喫煙です。歯石とは、プラークが固まったもので、骨の吸収に悪影響を及ぼします。

目で見えるところに付く歯石よりも、歯と歯ぐきの隙間に隠れて見えない歯周ポケットの中の歯石(歯肉縁下歯石=しにくえんかしせき)が歯周病を悪くします。歯石は、歯ブラシでは除去できないので歯科衛生士の協力が必要になります。

最新の歯周病治療では、お薬によって悪い細菌をたたく事も可能となりました。

歯周病と全身疾患との関係

歯周病はさまざまな全身疾患のリスクになります。

歯や歯ぐきの健康は口の中だけでなく全身と関係しています。口の中には何百種類という細菌が生息していますが、口から体の中に入り込むとさまざまな病気(心臓病、肺炎、糖尿病、早産等)を引き起こすことが知られ、医科でも問題になってきています。

歯周病は歯周病菌の塊(かたまり)である歯垢(プラーク)や歯石による歯ぐきの炎症ですが、たかが口の病気とあなどってはいけません。歯周病の人が心臓病になる確立は2~3倍にあがります。

歯周病から引き起こされる病気

【肺炎】
歯周病菌が肺に感染し肺炎になることがあります。

【心臓病】
重症になると歯周病菌による炎症から血栓(血の固まり)ができやすくなるため、動脈硬化を招き心筋梗塞(しんきんこうそく)や狭心症(きょうしんしょう)などを引き起こすことがあります。また心臓の内側にある心内膜(しんないまく)の炎症を引き起こし、細菌性心内膜炎(さいきんせいしんないまくえん)になる場合もあります。

【糖尿病】
歯周病が糖尿病を引き起こすだけでなく、糖尿病の患者様が歯周病にかかっていると血糖コントロールが難しくなり、さらに悪化してしまう可能性があります。

【早産】
歯周病菌による口内の炎症が胎児の成長に影響し早産を引き起こすことがあります。歯周病の妊婦は、歯周病でない妊婦と比べて、早産や未熟児を出産する確率が7倍にもなるといわれています。

歯周病の進行

歯周病の進行具合とその症状

歯周病菌・カビ菌

カビが歯ぐきについて根を下ろし炎症を起します。

カビが歯ぐきについて根を下ろし炎症を起します。
症状:口臭、ネバネバ感

カビがさらに奥で炎症を起こします。

炎症によって歯ぐきが腫れ、歯と歯ぐきの間の溝が汚れやすくなり、カビがさらに奥で炎症を起こします。
症状:歯ぐきの赤み、時々出血する

歯と歯ぐきの間にポケットができます。歯周ポケットといいます。

歯と歯ぐきの間にポケットができます。歯周ポケットといいます。ここに歯周病菌がたまり、炎症がひどくなり、骨が溶けていきます。
症状:歯ぐきの炎症、時々腫れる、赤みの悪化

歯周ポケットはさらに深くなり、よりたくさんの菌がたまっていきます。

歯周ポケットはさらに深くなり、よりたくさんの菌がたまっていきます。
症状:歯ぐきを押すと膿が出る

骨はさらに解け歯周ポケットはさらに深くなり、さらに多くの菌がたまっていきます。

骨はさらに解け歯周ポケットはさらに深くなり、さらに多くの菌がたまっていきます。
症状:口臭がさらに悪化、出血がひどい、歯が揺れる、噛むといたい膿が出る、歯ぐきがよく腫れる

最後には歯の周りに骨がなくなってしまい、グラグラになり、抜かないといけなくなります。

最後には歯の周りに骨がなくなってしまい、グラグラになり、抜かないといけなくなります。
症状:歯が痛くて噛めない、歯ぐきが揺れて噛めない、歯ぐきがいつも腫れている

歯周病進行度チェック

出血は歯周病の特徴。歯周ポケットの深さで進行の度合いがわかります。

歯周病がどれだけ進行しているかは、歯ぐきの状態を見ればわかります。歯ぐきからの出血は歯を支える歯ぐきに炎症がある証拠で、歯周病の特徴的な症状といえます。

炎症が進み歯周ポケット(歯と歯ぐきの隙間)ができるほどになると歯を支えているアゴの骨の一部である歯槽骨(しそうこつ)の破壊がはじまります。歯周ポケットの深さが4mm以上になると病状はかなり進行しているといえます。ポケットの中は歯周病菌が繁殖しやすい環境なのでどんどん増殖し、歯周ポケットの深さが6mm以上になると歯槽骨の破壊がさらに進み、ついには歯が抜けてしまいます。

歯周病の進行度を自己チェック

上記の問いに対して、1、2項目でも当てはまるのなら、歯肉炎か軽度の歯周病かもしれません。また、3~5項目が当てはまれば中程度の歯周病、それ以上ある場合は重度の歯周病と考えられます。

歯周病ポケット検査のすすめ

「あなたは歯周ポケット検査をされた事がありますか?」
当院の初診の患者様で、ほぼ全員の方が他院・企業検査等でハブラシ指導・歯石の除去をされています。しかし、歯周ポケット検査を受けられた事のある方は 5%~10%程 しかいらっしゃいません。歯茎の中をよく調べる事で、歯周病の進行状態や回復状態をチェックする事ができます。これが歯周ポケット検査です。

歯周ポケットの検査の目的

  1. レントゲンは2次元(平面)だが歯を支える骨は3次元(立体的)なので、精密度が高い。
  2. ご自分の磨きづらい部位を確認できる。
  3. 歯肉炎・歯周病の進行(程度)がわかる。
  4. 治療計画に役立つ。
  5. 歯周病治療の効果を再評価でき、確認できる。

歯周ポケットとは?

歯のまわりの歯肉の溝が歯周ポケットです。健康な歯肉の溝は1~2mmです。
小さなお子様から年配の方まで、又人種に左右されません。

【 歯肉炎 】
歯の表面にプラークが残っていると炎症が起き、ポケットが3~4mm位に腫れます。
【 歯周病 】
プラークが固まり歯石になると、歯根を支えている骨に悪影響が起き(悪い細菌の塊から遠ざかろうと生体の防御反応により骨が吸収)、5mm以上の深いポケットが進行していきます。

歯周ポケットの検査法

歯周ポケットとは?頬(唇)側、舌(裏)側の3ヶ所(近・中央・遠)計6ヶ所を計測します。(立体的) 奥歯は下が2つの根、上が3つの根(患者様により1~4本と異なります)があり、根と根(根分岐部)の状態、出血の有無、歯の動揺も検査します。腫れていたり、炎症が強いと少し痛みを感じる事があります。

例えば、手のひらは厚いのでたたいても痛くありませんが、ケガをすれば炎症が起き、少し押すだけでも痛みを感じます。歯肉の炎症はぶつける事によりおきる訳でなく、プラークや歯石が原因なのです。


再評価(2回目の検査)

歯肉が引き締まり、健康になると痛みを感じません。
この時点で炎症が残っていたり、深いポケットがあれば、患者様が苦手な部位という事になります。

歯周病の治療

歯周治療を希望して来院される患者様の多くの場合は、歯周病の何らかの症状がすでに現れており、かなり病状が進行しているケースが多く、治療に要する期間も長くなります。治療は早く終わるにこした事はありませんが、じっくりと腰を据えて治療を受ける心構えを持つ事が最も重要です。

また、歯周病は本人に自覚がないままに進行するという病気でもある為に、歯周病が進行していると思われる患者様には十分に歯周病に関する説明を行ない、治療の必要性をお話しております。

歯周病の治療ステップ

歯周病の治療には、患者様それぞれにあった計画的な治療が必要となりますが、一般的に歯周治療は以下のようなステップで行なわれます。

  1. プラークコントロール
    検査の結果を元に、まず歯の表面のプラーク(歯垢)の除石を行います。歯ブラシでは除去できないため、歯科衛生士の協力が必要です。

  2. バイオフィルムの除去
    口腔内に存在する微生物が凝集し、歯面に付着した状態がバイオフィルムです。(浴槽に付着する湯垢のようなもの)

  3. プラークコントロールの確認
    歯垢などを除去した後に充分な歯磨き指導を行い、2週間実践して頂きます。その後、歯垢や歯肉について2度目の検査を行い、変化を確認致します。

  4. リスクファクターの改善
    その患者様にとって、何が原因で歯周病が進行してしまうのか、その要因を調べ、対策を施します。たとえば歯肉が引き締まっていない箇所は、その患者様の磨き方の癖のため、その箇所をうまくブラッシングできていないことを教えてくれます。

  5. 再検査
    4で行った対策や指導が有効に働いているかを確認するために、再度検査を行います。

  6. より良いお口の環境を得るための治療
    それまでの問題が解決したら、最後はより良い口内環境を実現し、歯と歯周組織を長持ちさせるための治療に入ります。

歯周組織および咬合の崩壊

それでは歯周組織と咬合(噛み合わせ)の両方にダメージを受けた場合、どうしたらいいのでしょうか?

患者様お一人お一人で、治療方針、治療方法が異なれば、目指すゴールも違います。
例えば、抜歯した場合、Br(ブリッジ)・義歯(入れ歯)・インプラント(人工歯根)等、様々な治療方法があります。しかし、すべての患者様に共通する事は、歯周組織を健康な状態に戻し、上下・左右・前後バランスの整った噛み合わせにする事です。

この様な治療方法を、オーラルリハビリテーション(全顎治療)と言います。

薬で治す歯周病

最新式の治療方法 「顕微鏡を使った歯周内科治療」により、原因である菌を特定し、薬でその菌を退治する事ができるようになりました。
▶ 歯周内科学・薬で治す歯周病、詳しくはこちらから

再発を予防する為に

治療によって歯周病が改善すれば、定期的なメインテナンスに移ります。定期的にきっちりとメインテナンスを行なえば、歯周病の進行は食い止める事ができます。適切なブラッシング技術を身につけ、プラークを除去できれば、歯周病は確実に改善していきます。

カビ菌は口腔内常在菌といって、お口の中に必ず住み着いている菌です。徹底的にやっつけても、空気中や食べ物や手の指などから再びお口に戻ってきます。全滅させる事は不可能なのです。ですから、毎日の歯磨きと歯科医院における定期的なプロフェッショナルクリーニングが大切です。

カビ菌が増えすぎると歯ぐきが腫れるなど、悪い影響が出てきます。また、カビ菌は歯周病菌の快適なすみかにもなりますので歯周病菌が再感染しやすくなります。

定期的に歯科医院に通って、歯周病菌が再感染していないか、カビ菌が増えすぎていないか、顕微鏡で確認し、カビ菌が増えすぎないように専用の器具を用いてクリーニングを行う必要があります。

感染経路

生まれた時には人のお口の中には歯周病菌は存在しません。しかし、もともといない歯周病菌がなぜ今お口の中にいるかというと、人からうつされているのです。今も、家族の間でうつしあっている状態にあるかもしれません。

回し飲みや回し食い、箸の使いまわし、キス、くしゃみなどが感染ルートとしてあげられます。菌が再びお口の中に入ってくると、お口の中で定着して歯周病を発症する可能性が出てくるという事になります。

義歯

義歯を使っている方は、義歯にもかなりカビが付きます。義歯の清掃もこれから非常に重要になってきます。

虫歯

カビは歯周病にだけ関与しているわけではありません。カビはお口の中で酸を出すことがわかってきていますので、その周りに歯があれば歯を溶かし、虫歯を作ってしまうのです。

タバコ

今回使う薬は白血球が運んでくれる薬なので、たばこを吸うと歯ぐきの血管が収縮し、白血球が減少し、薬の効きが悪くなります。また、タバコは歯周病になりやすく、歯周病が治りにくい事がわかっています。

最後に

「歯槽膿漏」は治らないとあきらめてはいませんか?

歯周病も虫歯も感染症の病気ですから、治す事が可能です。「私の歯槽膿漏・歯周病は治らない」とあきらめていらっしゃる患者様でも、きちんとした治療と予防を行えば歯肉が引きしまり、バランスが取れてくると、グラグラした歯がガッチリしてきます。

まずは今日から、歯ブラシで汚れを取る事から始めましょう。

健康の源は、しっかりかみ砕いて、栄養が取れる事のできるお口の中ではないでしょうか。歯槽膿漏・歯周病を克服する為には、患者様と歯科スタッフの共同作業が必要不可欠である事を御理解下さい。

「健康は宝、歯は命」

歯周病について、さらに詳しくは以下のサイトをご参照下さい。

▶ 動画で見る歯周病治療・歯周病予防
「歯周病の真のゴールとは」「歯周病と全身疾患のリスク」「歯周病で癌になる!?」「知ってますか? 歯垢の正体?」「誤解していませんか?歯石取りの事」「歯周病と加齢は無関係!?」「歯のデコボコと歯周病の関係?」「歯をしっかり磨いているのに歯周病になってしまう?」「歯周病、歯みがきだけで防ぐ事ができる?」「女性ホルモンと歯肉の関係」等。

歯周病・歯周病治療・歯周病予防:
丸の内永楽ビル歯科クリニック
千代田区丸の内、大手町の歯科医院・歯医者、大手町駅 地下直結・東京駅 丸の内北口 徒歩3分